看護師は全国的に不足している状況が続いているため、求人募集が豊富にあります。それ故に、転職しようと考えた時にはいかに豊富な情報提供を受け、自分にとって良い方向性を見出して次の職場を選ぶかが重要です。方法として最も広まっているのが看護師を専門とする求人サイトの活用であり、いくつもある中から選んで登録し、エージェントと相談をしたり、自分で求人情報を見たりして職場選びをする場合が多くなっています。
それとほぼ同程度に行われているのが、ナースセンターによるサポートを受ける方法です。キャリアカウンセリングを受けたり、セミナーを受講したりしながら求人を探す、典型的なものです。しかし、これらとは別に地域からの支援活動を受けられる場合もあります。地域での医療や介護の充実を図る事を目指し、地方公共団体が看護師のために情報提供を行うケースが増えてきました。
支援活動の活発さには地域差が大きいものの、支援が充実している地域で職場を探そうと考えるとメリットがあります。看護師の求人サイトやナースセンターでは目立たなかったり、掲載されていなかったりする求人情報を目にできるチャンスがあるのです。また、地域レベルで行っているセミナーなどの支援活動についても情報提供が受けられます。転職の際に地域での支援活動に目を向けると、他の地域にはない支援を受けられる場合があるのです。それによって転職を円滑に進めて成功する看護師も少なくありません。