看護師が転職の際に利用するの求人サイトの中には公開と非公開があり、特に非公開に関しては好条件の求人募集が多い傾向にあります。これは、看護師がミスは許されないと言う特殊な職種であると同時に、募集を行うほとんどの医療機関において適材適所の即戦力を求めている事が主な理由です。そのため、非公開では新設の大規模病院などでの一時的な大量の募集でない限り、一定の看護スキルと経験を有する個人をピンポイントでターゲットとしています。
また、これらの求人情報は公開するまでもない募集人数である事が多いのです。その他、看護師間で人気の高い医療機関では公開する以前に人員が埋まるケースもあり、いずれにしても年齢や性別などに拘わらず経験者が優遇されるのが現状です。さらに、看護師の需要は慢性的な人材不足と言う事もあって、本来の活躍の場である医療機関だけでなく、介護機関を始め教育機関や企業などにも拡大しています。
そして、これらの業界でも求人情報の中には、公開と非公開が存在するのが実情です。特に教育機関や企業についてはほとんどの場合、看護業務を行う場所で看護師1人が園児や学生、社員などの健康管理を行っているため、非常に募集人数が限られているのが特徴です。その仕事内容の中でも、緊急時に迅速且つ適切な対応をできる事が重要視される場合もあります。看護師個人が備える能力と経験が特に問われる事より、これらの求人は公開よりも非公開である事の方が多くなっているのです。